手数料最安のファクタリングを利用するには

2019年4月12日

ファクタリングとは、取引で発生した売掛金をファクタリング会社に債権として売却することで、その支払い期日前に現金を得る資金調達の方法です。

ファクタリングには2社間契約と3社間契約があります。

通常、2社間での契約であれば、売掛先へファクタリング実地の通知をせずに実行することができます。
3社間契約ですと売掛先へ通知をし、債権譲渡の許可を得る必要があります。

当事務所がご紹介いたしますファクタリング業者(登録業者)は、3社間契約であっても債権譲渡登記は不要です。しかも手数料も2%~7%以内(2社間、3社間も同じ)です。

1部上場企業のグループ会社が運営しているファクタリング業者なので、安心してご案内しております。

ファクタリングによる資金調達をお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

ファクタリングのメリット

●資金調達を効率化よく、速やかに実現できる
●銀行融資とは異なる「審査」内容
●早期回収で収支を速やかに改善、銀行融資枠が温存できる
●売掛金を削減し、資金が効率良く活用できる
●取引先が破綻しても、支払いの必要なし

 

ファクタリングのデメリット

●売掛債権の金額範囲内のみ、資金化できる。そもそも売掛金がない場合はできない。
●ファクタリング会社への手数料が必要。
●3社間での取引となった場合、売掛先企業の承諾が必要。

 

横浜資金調達サポートセンターへの問い合わせはこちらへ