損害保険!保険金給付のための被災調査

2019年9月25日

損害保険の保険金の給付の受け方をご存知でしょうか。例えば雪害による雨桶被害で保険金の給付が受けられます。

まずは被災調査をお勧めいたします。

調査業者をご紹介いたしますのでお気軽にお問い合わせください。

◆本調査導入のメリットについて
①着手金不要・・『完全成果報酬』保険金を受領できない場合は無料
②損害保険は使途自由・・・生活再建資金の為、地震被害箇所の修繕義務はありません
火災保険に関しては、【修繕お見舞金】として支払われますが厳密に言うと【修繕義務は御座いません】
③損害保険の受領保険金は非課税・・・個人名義、管理組合は課税対象外です。
④保険料の変動無し・・・給付を事由に以後の個々の保険料に変更はありません。
⑤保険金の支払が迅速・・・保険金請求書送付後、平均1週間~1か月で支払われます。
⑥次回請求可能・・・保険金を受領しても、以後の地震で新たな被害が生じれば請求が可能
火災保険は、同じ保険適用箇所が悪化しても次回その箇所は、事故として認められない可能性が有る
損傷の大小問わず、あらかじめ調査されることをお勧めします
※現在ご加入の保険会社様(共済保険等)によっても内容が変わりますので詳しくはお問合せください。

◆火災保険 保険給付事例

場所:東京都足立区 築年数:10年 保険会社:三井住友海上 ★雪害による雨樋被害 給付金額 748,900円

場所:神奈川県横浜市 築年数:21年 保険会社:損保ジャパン ★雪害による雨樋被害 給付金額 587,640円

場所:東京都杉並区 築年数:4年 保険会社:AIG損保 ★雪害による雨樋被害 給付金額 817,280円

場所:大阪府池田市 築年数:12年 ★風害による板金損傷 給付額 1,480,378円

場所:群馬県 築10ヶ月 一部損 受領保険金額 500,000円

場所:千葉県 築12月 一部損  受領保険金額 10,000,000円

場所: 台東区 築26年 一部損  受領保険金額 2,500,000円

場所:新宿区 築40年 一部損  受領保険金額 900,000円

場所:品川区 築30年 一部損  受領保険金額 975,000円

 

横浜資金調達コンサルタントオフィスへの問い合わせはこちらへ
ファーストフィナンシャルオフィスでは、下記の社会貢献活動に参加しています。

CO2資源化プロジェクト

脱炭素社会へのプロセスは今世紀最大のビジネスチャンスです。
当プロジェクトはCO2を有益な資源へ変換するものです。
いろいろな業種業態の方々へビジネスチャンスをもたらします(無料参加制度)。

CO2を削減する具体的な先端技術の手法を情報提供します。
CO2削減への対策をしなければ業績に影響が出る中小企業数は約3分の1に及ぶと想定されます。
有価証券報告書を作成している企業は温暖化ガスの対応を開示することが義務化されます。
金融機関からCO2削減策を具体的に求められる時代になりました。

CO2資源化プロジェクト | ベスト経費削減.com (アイリスク研究所株式会社様に参加)

寄付金事業

アイリスク研究所株式会社の資金で慈善団体等へ寄付を行います。

寄付金ハートフルキャンペーン | ベスト経費削減.com
(アイリスク研究所株式会社様に参加)

ニュース

Posted by 黒澤