資金繰りをファクタリングで改善

資金繰りでお悩みの方はとても多いと思います。今まで上手く経営が回っていたにも関わらず、様々な理由で突然資金繰りが悪化してしまった、という経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回はファクタリング導入による資金繰り改善に関して説明させていただきたいと思います。

主な資金繰り悪化の要因としては「売上で利益がでない」、「売上代金の回収可能性」、「売上代金回収時期」といった項目の不備や変化が挙げられます。特に「売上代金回収時期」という項目に至っては、天候や季節、イベント等に影響される業種も多いでしょう。そういった業種様に今注目されているのが「ファクタリング」という資金調達方法です。

ファクタリングとは

ファクタリングとは何なのか、そこから見ていきましょう。一口にファクタリングと言っても、様々な種類があります。しかし、基本的に行うことは「売掛金の現金化」であるといってよいでしょう。翌月以降に入ってくる予定の売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらい、その買い取り金額が即入金されるというものです。「翌月入る予定のお金を、手数料を払うことで、すぐに入手する」というイメージでしょうか。もしくは、翌月入ってくる予定のお金を請求する権利を、他の会社に少し安い金額で売るといったところでしょうか。この際に注目すべき点は「入金までのタイムラグの解消」という部分です。そしてファクタリングの最大の特徴であるのが「借金ではない」という部分です。債権を売る、という事が他の資金調達の方法との大きな違いです。

(経済産業省は『売掛金を活用した資金調達が正当な資金調達手段であることの周知徹底が必要である』との認識を示しています)

ファクタリングと融資の比較

ファクタリング 融資
形  態 売掛金売買 借金
利 便 性 早い 遅い
審  査 早く甘い 長く厳しい
審査対象 売掛先 経営状況
コスト 高い 低い
信用情報登録
B/S 資産の増加 負債の増加

ファクタリング導入の結果

資金繰りの側面から言えば、ファクタリングを導入することにより、通常売掛債権の発生から現金化まで1カ月~2カ月かかるところを即現金化することが可能になります。結果、キャッシュフローが改善され、金融機関からの評価もアップします。ファクタリングを導入した企業の多くは、一時的に資金繰りが悪化したものの、売掛金の現金化によりキャッシュフローを改善させ、数カ月の利用で銀行からの評価も回復させています。こうしたメリットのあるファクタリングですが、ファクタリングに支払う手数料や割引料の発生があることには注意が必要になります。

ファクタリング会社のご紹介

ファクタリングには2社間契約3社間契約があります。
通常、2社間での契約であれば、売掛先へファクタリング実地の通知をせずに実行することができます。
3社間契約ですと売掛先へ通知をし、債権譲渡の許可を得る必要があります。

当事務所がご紹介いたしますファクタリング会社()は、3社間契約であっても債権譲渡登記は不要です。しかも手数料も2%~7%以内(2社間、3社間も同じ)です。

※1部上場企業のグループ会社が運営しているファクタリング会社なので、安心してご案内しております。

ファクタリングによる資金調達をお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

横浜資金調達サポートセンターへの問い合わせはこちらへ