売掛金の現金化をファクタリングにて

ファクタリングとは簡単に言うと、「最短1日で現金の確保が可能な資金調達方法」のことです。ファクタリングとは債権譲渡のことを意味します。ファクタリングでは、売掛金を業者に買い取ってもらい現金化してもらいます。

ファクタリングのメリットは、次の通りです。

●資金調達を効率化よく、速やかに実現できる
●銀行融資とは異なる「審査」内容
●早期回収で収支を速やかに改善、銀行融資枠が温存できる
●売掛金を削減し、資金が効率良く活用できる
●取引先が破綻しても、支払いの必要なし

このように、ファクタリングは経営者の資金繰り改善にふさわしい方法です。

ファクタリング 売掛金で資金調達するメリット

ファクタリング(売掛金)で資金調達するメリットは、返済不要な資金(=キャッシュ)が手に入ることです。3社間であれば、債権の回収をお客様の会社に代わってファクタリング会社が代行します。代金の回収業務や売掛金の管理をする必要がなく、調達した資金で本来やるべき業務に集中できるため、早期の事業改善を図ることができます。さらに、3社間の手数料の相場が低くいところもメリットと言えるでしょう。2社間ファクタリングの場合は、通常どおり売掛金の支払いを受け取っていただく必要があります。

ファクタリング 売掛金で資金調達するデメリット

ファクタリングは、過去の未回収債権や回収遅延債権を売却することができない、あるいは3社間の場合、売掛金の譲渡・売却について売掛先に承諾を得る必要があるというデメリットがあります。ファクタリングの事実が売掛先に知られることで、取引の信用不安などのネガティブなイメージを持たれてしまう可能性があり、売掛先からすると「取引先の企業が資金繰りに困っている=今後の取引を見直さなくてはならない」というイメージを抱いてもおかしくありません。売掛債権の資金化によって一時的な資金繰りの正常化を図ることができても、取引先との関係が悪化すれば今後の業務に支障が出るリスクが考えられます。2社間の場合は、ファクタリング契約を売掛先の企業に通知することはありません。

 

当事務所がご紹介いたしますファクタリング会社()は、3社間契約であっても債権譲渡登記は不要です。しかも手数料も2%~7%以内(2社間、3社間も同じ)です。

※1部上場企業のグループ会社が運営しているファクタリング会社なので、安心してご案内しております。

売掛金の現金化をファクタリングにてお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

 

横浜資金調達サポートセンターへの問い合わせはこちらへ