資金繰りを素早くするならファクタリング ご利用額10万円から可能です

2019年10月8日

「キャッシュが足りない」

「売掛金を早く回収したい」

「資金繰りを楽にしたい」

こんなお悩みの時は、ファクタリングのご利用をお勧めいたします。

ファクタリングとは

ファクタリングとは一言でいうと売掛金の現金化といってよいでしょう。

翌月以降に入ってくる予定の売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらい、その買い取り金額が即入金されるというものです。「翌月入る売掛金を、手数料を払うことで、すぐに入手する」というイメージでしょうか。もしくは、翌月入ってくる予定のお金を請求する権利を、他の会社に少し安い金額で売るといったところでしょうか。この際に注目すべき点は「入金までのタイムラグの解消」という部分です。そしてファクタリングの最大の特徴であるのが「借金ではない」という部分です。債権を売る、という事が他の資金調達の方法との大きな違いです。

ファクタリングの内容

ファクタリングには2社間契約と3社間契約があります。

通常、2社間での契約であれば、売掛先へファクタリング実地の通知をせずに実行することができます。
3社間契約ですと売掛先へ通知をし、債権譲渡の許可を得る必要があります。この場合、債権譲渡登記が必要になります。

ファクタリングの手数料

通常、ファクタリングを利用するには手数料が発生いたします。平均的な相場は2社間で10~20%、3社間で5~10%ぐらいではないでしょうか。

当事務所がご紹介するファクタリングの内容

◆ファクタリングのご利用額は10万円から可能です。

◆ファクタリング手数料 2%~7%以内(2社間、3社間でも同じ)。

◆債権譲渡登記不要

◆ご紹介いたしますファクタリング会社は、東証1部上場会社のグループ会社が運営しているので安心です。

ファクタリングにて売掛金の現金化をお考えの方はお気軽にお問い合わせください。

 

 

横浜資金調達コンサルタントオフィスへの問い合わせはこちらへ