かならず解決できる資金調達アラカルト

2019年10月25日

資金調達にお困りの時は、当事務所にお気軽にお問い合わせください。金融機関からの融資はもちろんのこと、ノンバンク投資家ファクタリングリースバック等の方法を使って御社の資金調達のサポートをさせていただきます。

また、開業(創業)したいが、自己資金(資本金)が少ない方もお気軽にお問い合わせください。事業内容にあったご提案をさせていただきます。

当事務所は会員制財務エージェント(投資家数百名在籍)と業務提携を結んでおりますので、数千万円から数百億円の投資家からの資金調達も可能です。

 

 

創業資金の調達方法

新規での創業資金の調達方法としては、日本政策金融公庫信用保証協会の創業融資の制度があります。信用保証協会の制度を利用するには金融機関を選定しなければなりません。当事務所では金融機関の選定から創業計画書の作成のアドバイスを行っております。またエンジェル投資家からの資金調達もご提案させていただいております。創業計画の内容に応じてご対応させていただきますのでお気軽にお問い合わせください。

運転・設備資金の調達方法

金融機関からの融資はもちろんのこと、ファクタリングリースバック不動産担保ローン等による資金調達のご提案をさせていただきます。

★ファクタリングとは、簡単に言うと、「最短1日で現金の確保が可能な資金調達方法」のことです。ファクタリングとは債権譲渡のことを意味します。ファクタリングでは、売掛金を業者に買い取ってもらい現金化してもらいます。東証1部上場会社のグループ会社が運営しているファクタリング会社ですので安心してご紹介いたします。 ファクタリング手数料 2%~7%以内(2社間、3社間も同じ) 債権譲渡登記不要

★リースバックとは既に所有されている資産(車両、機械、重機、厨房機器、什器備品、情報関連機器等)を売却し、その資産をリースに変えて今まで通り使用可能にするリース方式のことです。もちろん売却代金は一括してお手元にはいります。

★不動産担保ローンとは土地・建物などの不動産を担保にした融資のことです。よく資金調達のご依頼で社長さん個人所有の不動産についてお伺いすると、「すでに担保にとられています。」
とおしゃっられる方がいますが、後順位抵当での融資もしくは借換えでの融資をしてくださる金融機関もあります。
不動産の評価額と借入れの残高によって融資額はちがいますが、資金調達のひとつの方法だと思います。
特に借換えの場合、返済期間、返済額などの見直しもできますし真水(融資額-既存残高)が入る可能性もあります。

ファクタリング、リースバック、不動産担保ローンについてのご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

その他の資金調達

1. エンジェル投資家 融資案件 金額100億円ぐらい迄

2. 新規創業資金 投資50万円から5億円迄  投資、融資相談可能、またスポンサーも可能(特に飲食関係歓迎)

3. 株式公開予定、バイアウト出口  融資投資可能 1,000万円~100億円ぐらい迄

4. 不動産関連融資、ブリッチ融資、施工前、買収資金 金額300億円迄

5. 上場企業株式ブロック、担保融資 未上場株買取投資融資相談可能 年金利15%以内

6. 太陽光、バイオマス、地熱など新電力関係 資金調達ニーズ

7. 香港上場希望あれば 国内上場企業ならびに未上場企業アライアンス、ファイナンス可能

8. 相続、事業継承関係、資金ニーズ対応可能

9. 厚生労働省助成金関係

10. 相続伴う、個人資金運用アドバイス可能 高配当可能

11. 差入保証金、個人与信、各種資産ファイナンス

12. 特定業種向けファイナンスサポート  医療介護系ファイナンス、パチンコホール向けファイナンス

 

 〇資金調達に関してのご質問やご相談がございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

横浜資金調達サポートセンターへの問い合わせはこちらへ