資金調達と同じ効果の自動車リースのおとくなご利用方法

2019年10月8日

【リースバックについて】

お客様が保有する資産をいったんリース会社に売却し、同一資産のリースを受けるリース形態のことです。リースバックの効果は所有されている自動車すべてをリース化することにより管理業務の削減をすることができます。また、資金の有効活用や車両管理の合理化など経営の効率化に役立ち、資金調達と同じ効果があります。現在リース中の車両でもリース会社を変更することにより資金調達が可能です。

メリット1 資金の有効活用が可能です!

リースバックの導入時の車両買取代金はお客様に一括してお支払いいたします。資金を有効活用できるとともに財務内容の改善に繋がります。

メリット2 管理業務の削減、コストの把握が簡単に。

車両所有による様々な管理業務を大幅削減。車両に関する費用がリース料に一本化され、コスト管理が容易になります。

メリット3 車両は変わりなく利用できます。

書類上の手続きとなりますので、リースバック手続きを行っている間も車両はそのまま現状通り使用できます。業務支障をきたすことはありません。

メリット4 通常のリースバックより現金化が可能。

時価相場で査定いたしますので、通常より多くの現金化も可能です。

メリット5 売却損が発生しません。

買取代金は帳簿価格以上を原則としますので、売却損が発生しません。

リースバックについてのご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください。

横浜資金調達サポートセンターへの問い合わせはこちらへ