創業融資は自己資金の額によって融資額がほぼ決まる!

2019年10月26日

創業融資を受ける際、必ず必要になるのが自己資金(資本金)です。特に日本政策金融公庫の創業融資を受けるには自己資金(資本金)の額によって、融資額がほぼ決まるといっても過言ではありません。

創業融資で 1,000万円を調達するには自己資金(資本金)は500万円以上は必要になります。自己資金(資本金)が100万円しか用意できない場合、1,000万円の融資はほぼ難しいです。200~300万円が妥当な金額だと思います。500万円でればいいほうです。

信用保証協会の融資制度で創業融資を受ける場合も同じです。先日、資本金500万円の新設会社が、銀行経由で3,000万円の創業融資の申込みを信用保証協会に申請しましたが、融資可能な金額は1,000万円との回答がきました。つまり、自己資金(資本金)の2倍が妥当な金額だということになります。もちろん1,000万円以上も事業計画がしっかりできていれば調達可能な金額だと思います。逆に自己資金(資本金)の蓄積が怪しい場合、融資は否決になります。先日も資本金の蓄積が怪しいため否決になった例もありました。(日本政策金融公庫)

創業融資を受けるには自己資金(資本金)額の2倍が融資可能な金額だということになります。

自己資金が少なくてお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。自己資金の増やし方をアドバイスさせていただきます。

横浜資金調達サポートセンターへの問い合わせはこちらへ