資金調達の最後の仕方は投資家からの調達

2019年10月26日

投資家からの資金調達の方法の一つに出資というやりかたがあります。出資、つまり株を買ってもらうことです。資本金が多大な会社では持株割合に影響がでないでしょうが、資本金よりも多い出資をしてもらうと持株割合が51%を超えてしまいます。こうなると通常は経営権を奪われてしまいます。最終的には会社を乗っ取られてしまいます。

当事務所が提携している財務エージェント(投資家数百名在籍)は決して会社を乗っ取ろうとはしませんし、経営に対しても口を出しません。それは、2,3年後にまた株を買い戻していただき出資したお金を戻してもらいたいからです。もちろん出資した分の株主配当はいただきます。つまり融資(2,3年後に全額返済)と思っていただければよろしいと思います。

資金調達したいが銀行からの融資が受けられない会社には一つの資金調達の方法だと思います。投資家からの出資を希望される経営者のかたはお気軽にご相談ください。

横浜資金調達コンサルタントオフィスへの問い合わせはこちらへ
ファーストフィナンシャルオフィスでは、下記の社会貢献活動に参加しています。

CO2資源化プロジェクト

脱炭素社会へのプロセスは今世紀最大のビジネスチャンスです。
当プロジェクトはCO2を有益な資源へ変換するものです。
いろいろな業種業態の方々へビジネスチャンスをもたらします(無料参加制度)。

CO2を削減する具体的な先端技術の手法を情報提供します。
CO2削減への対策をしなければ業績に影響が出る中小企業数は約3分の1に及ぶと想定されます。
有価証券報告書を作成している企業は温暖化ガスの対応を開示することが義務化されます。
金融機関からCO2削減策を具体的に求められる時代になりました。

CO2資源化プロジェクト | ベスト経費削減.com (アイリスク研究所株式会社様に参加)

寄付金事業

アイリスク研究所株式会社の資金で慈善団体等へ寄付を行います。

寄付金ハートフルキャンペーン | ベスト経費削減.com
(アイリスク研究所株式会社様に参加)