資金調達でお悩みの方「何でも相談」にお問い合わせください!

資金調達でお悩みでしたらお気軽にお問い合わせください。会社経営者様、個人事業主様、新規での創業をお考えの方も初回相談は無料。現在の状況をお伺いして、まず先にやるべきことは何かを考えてご提案させていただきます。資金調達の順番を間違えると取り返しのつかないことになります。

新規取引での金融機関からの融資を斡旋

現在、取引きしている金融機関(銀行、信金、信組)との交渉がうまくいかないとか、前期の決算書は赤字だが、当期は黒字の見込みとか、現在キャッシュが赤字などの場合は、是非私共にお気軽にご相談ください。新規取引での融資を斡旋いたします。信用保証協会の保証枠であるコロナ枠一般枠を上手に利用して銀行からの融資を斡旋いたします。

その他の方法による資金調達

売掛金を利用しての資金調達、所有している固定資産(車両、機械、厨房機器、空調設備等)を利用しての資金調達、投資家からの資金調達がございます。

売掛金を利用しての資金調達として、ファクタリング、売掛金担保融資(ABL)がございます。ファクタリングは手数料として利用額の10%(月利)がかかりますので、売掛金担保融資(ABL)をお勧めいたします。ABLの手数料は融資額の5%~14.9%以内(年利)ですので、ファクタリングよりも低いコストで利用することができます。

所有している固定資産を利用しての資金調達として、リースバックがござます。所有されている車両や機械、厨房機器、空調設備を一旦リース会社に売却していただき、リース契約により引き続きご利用していただく方法です。売却代金が一括してお手元に入ります。帳簿価額以上での買取りをさせていただきますので売却益がでますので損失にはなりません。

投資家からの資金調達としては、業務提携をさせていただいている若手の事業家(投資家)をご紹介させていただきます。融資又は出資での資金調達になります。

横浜資金調達コンサルタントオフィスへの問い合わせはこちらへ