アパレル会社のリスケ 横浜資金調達サポートセンター

2019年3月21日

先日、若い男性向けのカジュアル洋品を販売している会社さんのリスケの仕事がありました。

全国に30店舗のショップを経営されていて当初は資金調達のご依頼でしたが、財務資料や所有不動産の担保状況などを確認しましたが、銀行からの新規の融資は無理だと判断いたしました。

リスケをすることにより、金融機関の毎月の返済元金が止められるので、資金繰りが改善できるとの判断でリスケをすることに決定いたしました。これから金融機関との交渉や事業計画書の提出があります。

このようにリスケをすることにより資金繰りが改善できることもありますので、何かございましたら、私共にご相談いただければ幸いです。

 

横浜資金調達サポートセンターへの問い合わせはこちらへ

ニュース

Posted by 黒澤