資金調達コンサルタントが最も適切な調達方法をご提案!中小零細企業の資金繰り対策

2020年4月30日

資金調達を諦める必要はありません。資金調達コンサルタントが資金調達を成功させます。

資金調達が出来ない理由

●債務超過…債務超過が解消されないと銀行からは融資は受けられません。

●税金等の滞納…税金や社会保険料の滞納があると融資が受けにくくなります。

●赤字決算…赤字決算だからといって融資が受けられないことはありません。2期連続赤字だと受けられませんがそうでない場合は融資を受けられることもあります。

●リスケジュール中…金融機関への返済条件を変更していればもちろん融資は受けられません。

●信用情報の汚れ…代表者個人の信用情報(CIC・JICC・KSC)に延滞・事故の情報があると融資が受けずらくなります。

上記のような場合は資金調達は難しくなります。

資金調達方法のご提案

財務状況を分析し、最も適切な資金調達方法をご提案いたします。

具体的には、

●セール&リースバックでの資金調達(所有する車両・機械・重機等)

※所有する固定資産がなくても新規にリース契約での資金調達が可能です。

●ノンバンクを利用してのビジネスローンのご提案 (融資額 50万円~1,000万円  金利 3.1%~18.0%)

●格安手数料のファクタリングのご提案 (ファクタリング手数料 2%~12.16% ※1部上場企業のグループ会社)

●不動産ファイナンスの支援 (担保融資、真水の追加融資、借り換え、不動産リースバック)

●投資家からの資金調達のご提案 (会員制財務エージェント【投資家 数百名在籍】と業務提携していますので資金使途に応じてご紹介させていただきます)

 

実績に基づいた資金調達ノウハウで成功させます。

ご自身で資金調達が難しいと判断した場合はお問い合わせください。

LINEからお問い合わせ
横浜資金調達コンサルタントオフィスへの問い合わせはこちらへ
ファーストフィナンシャルオフィスでは、下記の社会貢献活動に参加しています。

CO2資源化プロジェクト

脱炭素社会へのプロセスは今世紀最大のビジネスチャンスです。
当プロジェクトはCO2を有益な資源へ変換するものです。
いろいろな業種業態の方々へビジネスチャンスをもたらします(無料参加制度)。

CO2を削減する具体的な先端技術の手法を情報提供します。
CO2削減への対策をしなければ業績に影響が出る中小企業数は約3分の1に及ぶと想定されます。
有価証券報告書を作成している企業は温暖化ガスの対応を開示することが義務化されます。
金融機関からCO2削減策を具体的に求められる時代になりました。

CO2資源化プロジェクト | ベスト経費削減.com (アイリスク研究所株式会社様に参加)

寄付金事業

アイリスク研究所株式会社の資金で慈善団体等へ寄付を行います。

寄付金ハートフルキャンペーン | ベスト経費削減.com
(アイリスク研究所株式会社様に参加)