リスケ中でも資金調達は可能か?

リスケジュールをすると銀行から正常(通常返済)にもどらないと融資はできないとよくいわれると思います。確かに信用情報には支払条件変更と記載されるので、銀行からの新規の融資は難しくなります

ノンバンクはどうでしょうか。結論からいいますとリスケ中でも融資は受けられます。ファクタリングも不動産担保融資も融資は可能です。さらに投資家も可能です。

リスケ中だからといって資金調達は無理だと諦めずにご相談ください。御社にあった資金調達の方法をご提案させていただきます。当事務所の強みでもある投資家からの資金調達は資金使途によってのアレンジが可能です。会員制財務エージェント(投資家数百名在籍)と業務提携しておりますので金融機関からの資金調達ができない場合はお気軽にお問い合わせください。

リスケ中、税金・社保未納でもお問い合わせください。かならず解決策があるはずです。

 

☆実 績 事 例

  A社 銀行リスケ中、売掛金の入金が1ヶ月遅延  資金調達希望額 1,000万円

解決策 ファクタリング、ノンバンク

    ファクタリング(手数料10%) 900万円

    ノンバンク           100万円

横浜資金調達サポートセンターへの問い合わせはこちらへ