建設会社(施工業者)から不動産投資会社への業態変更 横浜資金調達サポートセンター

2021年7月8日

ある建設会社から資金調達のご依頼がありました。土地の購入資金です。詳しく話をきいてみると、建築の施工業をやっていましたが不動産の収益物件を自社で建てて販売したいとのことでした。いわゆる業態変更です。

最初のプロジェクトとして土地を仕入れたいそうです。不動産業をするには、宅地建物取引士の資格保持者と宅地建物取引業免許が必要です。金融機関に融資の依頼をするときにも必ず、宅地建物取引業免許の提示を求められます。この会社は宅建士はいますが、宅地建物取引業免許はなく、行政機関に申請中でした。

この会社の金融機関の評価が高いだけに残念です。このように許認可の事で融資がストップしてしまうこともありますので、私共にご相談ください。提携している行政書士等をご紹介いたします。

横浜資金調達コンサルタントオフィスへの問い合わせはこちらへ
ファーストフィナンシャルオフィスでは、下記の社会貢献活動に参加しています。

CO2資源化プロジェクト

脱炭素社会へのプロセスは今世紀最大のビジネスチャンスです。
当プロジェクトはCO2を有益な資源へ変換するものです。
いろいろな業種業態の方々へビジネスチャンスをもたらします(無料参加制度)。

CO2を削減する具体的な先端技術の手法を情報提供します。
CO2削減への対策をしなければ業績に影響が出る中小企業数は約3分の1に及ぶと想定されます。
有価証券報告書を作成している企業は温暖化ガスの対応を開示することが義務化されます。
金融機関からCO2削減策を具体的に求められる時代になりました。

CO2資源化プロジェクト | ベスト経費削減.com (アイリスク研究所株式会社様に参加)

寄付金事業

アイリスク研究所株式会社の資金で慈善団体等へ寄付を行います。

寄付金ハートフルキャンペーン | ベスト経費削減.com
(アイリスク研究所株式会社様に参加)

ニュース

Posted by 黒澤