創業融資は金融機関の選定が最大のポイント!

創業融資は金融機関によって融資額が決まる!

創業融資は一般的に、日本政策金融公庫信用保証協会の2種類の制度があります。東京都内で創業の場合は、女性・若者・シニア創業サポート事業という制度利用することが可能です。

日本政策金融公庫は、申請して審査がとおれば融資してくれますので問題ありませんが、信用保証協会を利用する場合は、どの金融機関を利用するかが重要になります。信用保証協会はお金を貸してくれるわけではありません。金融機関が信用保証協会の保証に基づきお金を貸します。つまりどの金融機関を利用するかで融資額が決まることになります。

例えば以前にこんなことがありました。東京都の女性・若者・シニア創業サポート事業を利用しようとしてある金融機関に交渉をしようとしたところ、「うちの信金は500万円が融資限度額になりますがよろしいでしょうか。」と最初に言われました。女性・若者・シニア創業サポート事業は最大で1,500万円の融資の申込みができるはずです。つまり融資をする金融機関が融資額を決めてしまうということです。東京信用保証協会の創業融資制度は最大で3,500万円の申込みができますが、取り扱う金融機関によっては1,000万円しか融資してもらえないということが起こりうるということです。

信用保証協会の創業融資制度を利用する時は、どの金融機関を選定するかが最も重要なポイントになります。例えば、500万円ぐらいでしたら信金・信組、1000万円ぐらいでしたら地方銀行というように必要な金額とその時の金融機関の状況を考慮しながら融資の申込みをするのが創業資金を上手に調達できることになります。もちろんこのほかにも、創業計画書や自己資金の額といった要素も必要になります。

創業資金の調達でお困りの方は、お気軽にご相談ください。創業計画書の作成で悩んでいる方や自己資金が少ない方でも大丈夫です。

 

横浜資金調達サポートセンターへの問い合わせはこちらへ