FC事業会社のリスケ 横浜資金調達サポートセンター

2019年3月21日

先日、FC事業(コンビニ、レンタルDVD、スポーツクラブ、学習塾他)会社のリスケを行いました。たくさんの事業を営んでいるため、銀行からの借入金もかなりありました。

毎月の返済額が数千万円もありましたので、リスケをすることによって資金繰りがかなり楽になりました。最初、社長さんもリスケをするかどうか悩んでいましたが、会社を立て直すにはリスケをするしかないと決断いたしました。

銀行も応援してくださるとのことでした。日頃の信頼関係が築けているなと感じました。今後、事業計画を立て銀行と協議しながら再生していくことになります。

地方の地域性もあるのでしょうが、銀行の対応にこちらもがんばらなくてはいけないなと思いました。リスケをすると今後、銀行との取引がなくなるように思われがちですが、そうではありません。また返済を始めれば銀行も新規での融資を検討してくれます。

リスケに関してのご質問・ご相談がありましたらお気軽に当社にお問い合わせください。

横浜資金調達サポートセンターへの問い合わせはこちらへ

ニュース

Posted by 黒澤