資金使途が増加運転資金限定の2社間ファクタリングでの資金調達!

2020年4月30日

①資金使途が増加運転資金限定の2社間ファクタリングサービス
・ファクタリング本来のルールに忠実なサービスを心がけ、増加運転資金のように高いコストが負担にならない資金使途限定のサービス。
ファクタリング手数料 一律ではなく売掛金の信用度に応じて 5.0~17.0%。

②3社間ファクタリングの推進
・ファクタリング本来の3社間ファクタリングを可能とする3社間契約のファクタリング案件が増えています。
・3社間契約のインフラを充実させ、頭から困難と言う判断を見直し推進します。
・ほぼ売掛金の信用度が高ければ資金調達が可能になる。
債権譲渡承諾を含む3社間契約が必須条件。
・新規取引先の売掛金も、売上と比較して高額な額のファクタリングも可能。
ファクタリング手数料 1.0~9.0%
・1億円超えの案件も売掛先の信用度により可能。

③ファクタリング依存症や社会問題化寸前の悪徳ファクタリング会社からの脱却サービス
・不動産ファイナンスなど各種ファイナンスや直接金融など様々なファイナンスを駆使して、ファクタリングを毎月利用しなくては資金繰りが立たない状況から脱却していただくサービス。

ファクタリングについてのご不明点等がございましたらお気軽にお問い合わせください。

横浜資金調達サポートセンターへの問い合わせはこちらへ