会社設立での創業資金調達ならFFOへ!新規での起業を応援

2020年4月30日

これから会社を設立して事業を行っていくには、資金が必要です。いわゆる創業資金です。創業での資金調達にお困りでしたらお気軽にお問い合わせください。

創業資金とは

創業資金とは、これから事業を営んでいくのにかかる費用(運転資金設備資金)をいいます。会社はもちろん個人事業主の方でも調達は可能です。創業計画書(事業計画書)を作成して金融機関に交渉いたします。

調達方法は

創業資金の場合、日本政策金融公庫や各自治体の融資制度(信用保証協会)を利用するのが一般的です。東京都内で創業する場合、女性若者(39歳以下)シニア(55歳以上)の方限定での創業サポート事業という融資制度もご利用になれます。

自己資金はいくら必要か

自己資金がいくらあるかによって融資額が決まる場合があります。おおむね自己資金額の2倍ぐらいが融資額になります。例として自己資金300万円でしたら、600万円ぐらいが融資を受けられる金額になります。(特に日本政策金融公庫は自己資金に厳格です。)ただし、事業計画書の内容によっては、自己資金300万円でも1,000万円の融資を受けられたこともありました。(信用保証協会を利用

いずれにせよ、自己資金の2倍くらいが融資額の目安になります。

事業経験は

言うまでもなく創業する事業の経験は必要です。未経験の事業には融資してもらえません。経験不足を補う方法としてFCに加盟する方法もあります。FCに加盟することによって、経営のノウハウをサポートしてもらえる点が融資の判断材料としてはプラスの評価になります。

創業計画書の作成

創業融資を受けるうえで創業計画書(事業計画書)の作成が最大のポイントになります。どういう事業内容で、どのように計画を考えているのか、また収支計画資金使途がはっきりとしているかがポイントになります。

 

これから創業をお考えの方で、自己資金が少ない方、創業計画書の作成でお悩みの方などお気軽にご相談ください。特に自己資金でお困りの方は自己資金の作り方をアドバイスさせていただきますのでお気軽にお問い合わせください。

横浜資金調達サポートセンターへの問い合わせはこちらへ