東京・神奈川での融資相談なら資金調達のFFOへ

2020年2月5日

中小企業の融資相談といえば、市区町村の無料相談、商工会や法人会の相談等いろいろありますが、コンサルタントに相談するのもひとつの方法です。

銀行からの融資

銀行融資の場合、資金の使途や融資額、保証人の有無、事業計画書など確認するところが多くなかなかスムーズにいかない時もあります。そのような時は当方に相談していただければ、事業計画書のアドバイスをはじめ金融機関との交渉もスピーディーに行えます。メインバンクから断られても諦める必要はありません。信用保証協会を使っての融資でしたら他の銀行も相談に乗ってくれます。当事務所の代表は金融機関との交渉には豊富な経験がありますのでお客様に合った金融機関の選定をさせていただきます。それにもし融資が受けられないときも、他の調達方法をご提案できます。

ノンバンクからの融資

決算書が赤字で、債務超過、しかもリスケ中でも融資を受けることは可能です。ただし代表者の方のCIC情報が重要になります。融資額は100万円~300万円ぐらいが妥当なところです。金利10%~15%。必要に応じてノンバンクのご紹介もさせていただきます。

不動産担保融資

所有されている不動産を使ってノンバンクからの追加融資、借り換え融資も可能です。不動産評価額によっては2番、3番抵当でも融資を受けられる可能性があります。既存の残債額によって融資額は変わりますが資金調達のひとつの方法です。

担保対象の不動産 市場価格が坪単価10万円以上の地域にある全国の不動産
コスト 金融機関金利 年利 4.00~12.00%  アレンジメント手数料 2.16~5.40%
融資期間 3ヶ月~30年
現実的な融資額 300万円~10億円
実行まで 4日~2週間

融資についてのお悩みやご相談がございましたら私共にお問い合わせください。

横浜資金調達サポートセンターへの問い合わせはこちらへ