タピオカ店での開業の創業資金調達に成功

2019年12月13日

原宿から大須観音へ移ってのタピオカ店開業での資金調達に成功!

自己資金300万円で1,000万円の資金調達に成功!

最初は原宿でのタピオカ店の出店計画での資金調達依頼の案件でした。しかし、会社を設立したばかりなので不動産賃貸契約がなかなかできませんでした。そこで考えたのが地方都心での出店計画でした。

大須観音近くでの出店

愛知県名古屋市中区大須での出店が可能になりました。店舗の賃貸契約が出来たのです。大須観音の近くですし、周りは飲食店も多いところです。会社の本店も東京から名古屋市に移しました。

名古屋市の創業融資制度の利用

名古屋市の創業融資制度を利用しての融資をN銀行に交渉いたしました。担当の方の印象が良かったのでいけるかもしれないという感触を感じました。今まで200件以上の金融機関との交渉経験がありましたので、最初の交渉である程度の感触はつかめます。N銀行に絞って創業計画書の作成をご依頼の会社の社長様に作成していただきました。

名古屋市信用保証協会の保証決定

名古屋市信用保証協会の方との面談を終えてから1週間ぐらい経ちましたが、名古屋市信用保証協会から返事が来ない為、ご依頼会社の社長様はあきらめかけていましたが、私の経験から「大丈夫ですよ。」と励ましていました。もし否決の場合は返事が早く来ます。1週間以上も返事が来ないのは、融資額での調整が入っている可能性があるなと思いました。そして面談から10日を過ぎた時、信用保証協会の方から希望融資額の満額での回答をいただきました。ご依頼会社の社長様は大変に喜んでくれて私に何度も何度もお礼を言ってくださりました。

東京から名古屋に移って本当に良かったなあと実感しました。タピオカ店をやりたいという熱意がN銀行の担当者の方、信用保証協会の担当者の方を説得できた賜物だと思います。

創業融資は熱意がすごく大事だとあらためて実感いたしました。

横浜資金調達サポートセンターへの問い合わせはこちらへ