資金調達はCIC情報に「異動」が付く前に!中小零細企業の資金調達をサポート

銀行から融資を断られても、代表者のCIC情報(クレジット、ローンに関する個人の属性・契約内容・支払状況・残債額など)に問題がなければ、資金調達は可能です。

CIC情報に問題があるとは

相談に来られるほとんどの方がCIC情報に問題があるため、資金調達が出来ない方がかなり多いです。
CIC情報に問題があるとは、以下のような状態です。

  • 法的整理(債務整理)や支払条件変更が付いていると、まず金融機関からの融資を受けるのは無理です。
  • 次に返済状況に 異動 が付いている場合、融資を受けるのはかなり厳しくなります。俗にいう金融ブラックです。この場合、返済が完了してから5年以上経たないと、異動が消えません。かなりシンドイです。
  • 次に支払い状況に遅れがあることを示す A が付いている場合、この場合も融資の審査に影響を与えると思います。

つまりこれ以外でしたら、問題なしということです。

他の情報と借入れ残高

ただし、CIC情報以外のJICC情報KSC情報もありますのでご注意ください。あと、残債が多くても資金調達は難しくなります

このような状態になる前にご相談に来ていただければ資金調達はできます。
クレジットやローンの支払いには十分気を付けてください。

「異動」が付いてしまったら手遅れになります。

横浜資金調達サポートセンターへの問い合わせはこちらへ