創業融資を受けるには事業経験が重要なポイント!創業資金の調達を成功させる為には

2020年4月30日

創業融資を受けるうえで事業経験は重要な判断材料になります。事業経験がないと創業融資はまず受けられません。

創業融資を受ける為の重要なポイント

創業融資(日本政策金融公庫、信用保証協会の制度融資)を利用する場合、融資を受ける為の重要なポイントが3つあります。

  1. 自己資金
  2. 事業経験
  3. 創業計画書

これら3つをクリアーしないと創業融資はまず受けられません。先日あった案件では事業経験がないために、1.自己資金、3.創業計画書はクリアーできたのに事業経験不足で融資が否決になりました。

事業経験がないのでFCに加盟して経営をサポートしてもらいながら事業を行っていく計画でしたが、融資は受けられませんでした。事業経験が少なくてその分を補うためにFCに加盟することは、融資判断のプラスの評価になりますが、まったく事業経験がないとFCに加盟しても融資判断のプラスの評価にはなりません。事業経験の重要性を実感させられました。

創業融資では、自己資金、事業経験、創業計画書は重要な判断材料になります。これらのことでお悩みの時は、お気軽にお問い合わせください。

横浜資金調達サポートセンターへの問い合わせはこちらへ