消費者金融から借りる前にご相談を!

2020年4月30日

資金調達のご相談があると現在の借入状況の確認をしますが、意外と多いのが消費者金融からの借入れがあることです。最後の手段として消費者金融から借りるのはしょうがないですが、そうでない場合は一度踏みとどまってからにしてください。政策金融公庫や信用保証協会付けの融資が受けられなくなります。

日本政策金融公庫・信用保証協会からの融資

融資の申込みをすると必ず代表者のCIC情報を確認いたします。言うまでもなく消費者金融から借り入れをしていたら融資は受けられません。今回みたいにコロナウィルス感染症対策の制度融資があるのに、このことが理由で融資が受けられなくなってしまいます。消費者金融に行く前にご相談ください。そして日頃からご自身のCIC情報には気を付けておいてください。

リースバックやプライベートローンでの資金調達

政策金融公庫や信用保証協会付けの融資が受けられない時はご相談ください。リースバックや銀行のプライベートローンでの資金調達のご提案をさせていただきます。代表者のCIC情報に問題がなければ、リスケ中や赤字決算書でも資金調達は可能です。リースバックは所有している車両・重機等があれば審査結果にもよりますが資金調達ができることもあります。固定資産がなくても新たにリース契約をすることで資金調達が可能です。銀行のプライベートローンもお勧めです。

銀行から融資が受けられない時は、消費者金融に行く前に私共にご相談ください。御社にあった資金調達の方法をご提案させていただきます。

横浜資金調達コンサルタントオフィスへの問い合わせはこちらへ