コロナ関連の影響を受けてのお困りの方必見!資金繰り無料相談窓口!

2020年6月18日

新型コロナウィルス感染症の影響で、資金繰りや資金調達にお困りの方の無料相談を受け付けます。制度融資の手続きの仕方や提出資料の作成の方法、資金繰り、資金調達の仕方などを支援いたします。お気軽にご相談ください。

制度融資の手続きの仕方

新型コロナウィルス対策の制度融資は、日本政策金融公庫、各自治体(セーフティーネット保証等)の認定を受けて信用保証協会を利用しての制度融資があります。どの制度融資をどのように手続きをすればよいのかわからない方はお気軽にご相談ください。各制度融資の内容や手続きの仕方、提出資料の作成についてご説明させていただきます。

資金調達の仕方と順番

資金調達の順番を間違えると取り返しのつかないことになります。例えば、日本政策金融公庫や金融機関を経由しての信用保証協会に融資の申込みをして、審査の結果待ちをしている時、資金繰りが厳しいため、消費者金融やノンバンクから借入れをしたらどうなるか。結論から申しますと、融資は否決になります。その理由は日本政策金融公庫や信用保証協会は消費者金融やノンバンクから借入れをしているところには融資をしないからです。もしそれ以外の方法で資金調達をしていれば、融資は受けられたはずです。消費者金融やノンバンクからの借入れは最後の手段として使うべきです。

このように資金調達の順番を間違えると大変なことになりますので、制度融資の結果が出るまでや融資が実行されるまでに資金繰りが厳しい方は、お気軽にご相談ください。決算書や試算表、借入状況がわかる資料などを拝見させていただきながら、資金調達の仕方をご提案いたします。「まず先にやるべきことは何か」を決めてから御社にあった資金調達の仕方をご提案させていただきます。

融資が実行される迄の間の資金調達方法

  • セール&リースバック
  • ファクタリング
  • 不動産ファイナンス
  • 銀行のプライベートローン
  • エンジェル投資家

資金繰り対策としてのリスケ

リスケジュールも資金繰り対策としては効果がでます。リスケについてのご質問もお気軽にお問い合わせください。

資金繰り・資金調達についての無料相談窓口ですのでお気軽にお問い合わせください。

横浜資金調達サポートセンターへの問い合わせはこちらへ