リスケジュールからの立て直しで500万円の資金調達に成功!

2022年3月31日

過去に政府系金融機関から5年返済で500万円を借りた会社が、業績が悪くリスケを行い7年掛けて返済を完了しました。その後、2年間ぐらいは無借金で頑張り、業績を回復させてきました。

この間にキャッシュフロー経営を徹底し財務改善を行って、直近の決算で月商の6ヶ月分のキャッシュフローを確保できました。しかし、キャッシュフローが潤沢であればあるほど業績を伸ばす事が出来る業種でしたので、政府系金融機関から500万円程度借りる事を勧めました。その後、融資の申し込みをして、決算書や必要な書類を送ったら担当者から電話があり確認の結果、融資が下りました。

このように、一度リスケをしたにもかかわらず、財務改善をしっかり行っておけば再び借りられるチャンスがあるのです。

現在リスケ中で、今後新規での融資が受けられるかどうかお悩みの時は、当方の財務コンサルティングをご利用ください。

リスケ中であっても、銀行融資以外で資金調達できる方法はたくさんあります。リスケ中で資金調達をしたい方は一度、お問い合わせください。かならず解決策があるはずです。

横浜資金調達コンサルタントオフィスへの問い合わせはこちらへ
ファーストフィナンシャルオフィスでは、下記の社会貢献活動に参加しています。

CO2資源化プロジェクト

脱炭素社会へのプロセスは今世紀最大のビジネスチャンスです。
当プロジェクトはCO2を有益な資源へ変換するものです。
いろいろな業種業態の方々へビジネスチャンスをもたらします(無料参加制度)。

CO2を削減する具体的な先端技術の手法を情報提供します。
CO2削減への対策をしなければ業績に影響が出る中小企業数は約3分の1に及ぶと想定されます。
有価証券報告書を作成している企業は温暖化ガスの対応を開示することが義務化されます。
金融機関からCO2削減策を具体的に求められる時代になりました。

CO2資源化プロジェクト | ベスト経費削減.com (アイリスク研究所株式会社様に参加)

寄付金事業

アイリスク研究所株式会社の資金で慈善団体等へ寄付を行います。

寄付金ハートフルキャンペーン | ベスト経費削減.com
(アイリスク研究所株式会社様に参加)