銀行融資を受けやすくするための長期滞留の流動資産の解消対策

銀行から長期滞留する流動資産の解消を融資の条件に言われている場合の決算対策サポートサービスです。

役員貸付金・仮払金・立替金

精算できずに滞留する流動資産、例えば代表者への貸付、仮払金、立替金など、金額が大きくなると、銀行取引の阻害要因となります。これらの流動資産勘定科目を一時的に解消するサポートサービスです。

ファクタリングでも一時的に解消することは可能ですが、ファクタリングの半分程度のコストでご利用いただけるサービスです。

ご利用可能金額は2,000万円~5,000万円ぐらい迄、コストはご利用金額の5%になります。

詳細につきましてはお気軽にお問い合わせください。

横浜資金調達コンサルタントオフィスへの問い合わせはこちらへ