商工中金・日本政策金融公庫からの追加の融資が受けられます!

2020年7月23日

コロナの影響により資金繰りが厳しい経営者様は多いのではないでしょうか。日本政策金融公庫や信用保証協会のセーフティーネットでの融資を受けられている企業様は多いと思いますが、商工中金からも融資が受けられますので斡旋サポートをいたします。

融資額と概要

融資額の一般的な目安は、売上の3ヶ月分(年商÷12✕3)又は、毎月の販管費の3ヶ月分から6ヶ月分が融資額の目安になります。ただし、商工中金の担当者との交渉によってはそれ以上の融資の可能性もあります。

決算書の債務超過、リスケ中、税金の未納があっても融資が受けられる可能性もありますので、お気軽にお問い合わせください。

以前に融資を受けた企業様でも追加の融資が受けられますので、ご相談ください。

商工中金に融資の申請をする前に現在の財務状況や金融履歴情報等を確認いたしますので、場合によっては申請出来ない事もありますのでご了承ください。

必要書類

  1. 相談シート(こちらからメールにてお送りいたします。)
  2. 直近の決算書3期分
  3. 直近の試算表

 ※決算申告書が1期又は2期分(会社設立から3年以内)しかなくてもご相談ください。

日本政策金融公庫からの融資もサポートいたします。

以前に日本政策金融公庫、商工中金から融資を受けられた企業様でも追加での融資も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

横浜資金調達コンサルタントオフィスへの問い合わせはこちらへ