銀行からの融資に重要な資金繰り表(キャッシュフロー)の作成サポート

銀行からの融資を受ける際やリスケの交渉の時に重要な資金繰り表(キャッシュフロー)についてサポートいたします。

資金繰り表の重要性

融資を受ける際、事業計画書の提出はもちろんのことですが、資金繰り表の提出によってより一層融資を引出すことが可能になります。通常は月ごとの収支を算出し現預金残高がいくらあるかを表しますが、融資を受けた際の毎月の返済額をいれることが重要になります。

決算書、試算表、事業計画書の提出だけでは、融資が否決された案件も資金繰り表(キャッシュフロー)の提出によって希望額の融資が受けられた事例がたくさんあります。どのようなキャッシュフローを作成すればわからない方はお気軽にお問い合わせください。運転資金の融資以外にも創業融資でも実績のある資金繰り表(キャッシュフロー)の作成をサポートいたします。

資金繰り表(キャッシュフロー)を作成して銀行からの融資で資金調達を成功させましょう。

横浜資金調達サポートセンターへの問い合わせはこちらへ