金融機関やファクタリング業者から融資を断られても資金調達が出来る場合もございます!

銀行はもちろんノンバンクやファクタリング業者から融資を断られても何とかなる場合もございます。あらゆる方法を検討して資金付けをしてくださる貸金業者(貸金業登録業者・法定金利以内)をご紹介いたします。まずは、お気軽にご相談ください。

資金調達事例

1.政府系金融機関、地方銀行、ノンバンクから決算書が債務超過でリスケ中の為、融資を受けられずご相談にこられた運送会社様が、貸金業者に相談したところ売掛金を担保1,500万円の資金調達に成功しました。※債権譲渡登記不要

2.風営法業種のため、コロナ関連融資(信用保証協会付け)は受けられたが、一般枠(信用保証協会付け)での融資がどの金融機関からも融資してもらえずにいたが、貸金業者に相談したところ、固定資産、債権を担保1,000万円の資金調達が出来ました。※債権譲渡登記不要

3.他社のファクタリングを利用していたが、手数料が高額(20%~30%)のため資金繰りが圧迫。他のファクタリング業者での資金調達が不可能でしたが、貸金業者に相談したところ低い手数料でのファクタリング2,000万円の資金調達ができました。※債権譲渡登記不要

ご紹介いたします貸金業者は、このように幅広く対応していただけるため、資金調達でお困りの方はぜひ一度お気軽にお問い合わせください。きっと答えが見つかると思います。業種不問。

横浜資金調達コンサルタントオフィスへの問い合わせはこちらへ