ファクタリングとは  横浜資金調達サポートセンター

2019年3月21日

ファクタリングは、企業の売掛債権を買い取り、自己の危険負担で代金回収を行う金融業務をいいます。これは、企業の持つ売掛金や受取手形などの売掛債権をファクタリング会社へ手数料を支払って売却し、本来は企業で行う債権の回収業務をファクタリング会社が行うことを指します。また、ファクタリングした売上債権については、その支払先が決済期日に支払不能に陥った場合に、それを依頼企業とファクタリング会社のどちらが負担するかによって、依頼企業が負担する「償還請求権のあるファクタリング」と、ファクタリング会社が負担する「償還請求権のないファクタリング」の二つに分類されます。通常は、ファクタリング会社における信用調査の煩雑さや信用調査能力の限界があることから、「償還請求権のあるファクタリング」が多く利用されています。

ファクタリングは、売掛債権の売買なのか、あるいは単なる売掛債権の担保提供と貸金(融資)の組み合わせに過ぎないのかという、真正売買の議論においては、「売掛債権の価値と買取代金の均衡」が特に重要視されます。売掛債権の債権額と買取価格の差額が大きい場合は、そのファクタリングの差額は、貸金(融資)に対する金利であると考えることが普通です。

つまり、世間にあるファクタリングは、ほとんどが貸金であるということとなり、ファクタリング業者は、貸金業登録をして居ませんから、貸金業法違反であり、その貸金は利息制限法を大幅に超えた月利20-30%ですので、明らかに、出資法違反、暴利行為、不法原因給付であるということになりそうです。

当社では、貸金業登録をしているファクタリング業者をご紹介いたしますので、お気軽お問い合わせください。

横浜資金調達サポートセンターへの問い合わせはこちらへ

ニュース

Posted by 黒澤