試算表と資金繰り表  横浜資金調達サポートセンター

2019年3月21日

銀行に融資の依頼をすると、決算書だけで借りられる時もあります。ただ決算月から2,3ヶ月経過していれば、試算表も求められるます。その時、試算表の内容が良ければ決算書と試算表だけで借りられますが、そうでないときは資金繰り表と事業計画書の提出も求められると思います。

試算表は顧問税理士さんが作成してくれますが、資金繰り表は以外と作成していただけないのが多いのではないかと思います。本来でしたら試算表から資金繰り表に実績を落とし込んでいただき、それ以降の予測値を入れれば簡単にできますが、税理士さんが対応していただけないときは、自社で作成するしか方法はありません。                このような時は、コンサルタントにご相談いただければご対応いたします。事業計画書の作成もお手伝いできると思います。ご相談やお悩みごとがありましたら私共にお気軽にお問い合わせください。

横浜資金調達サポートセンターへの問い合わせはこちらへ

ニュース

Posted by 黒澤