パチンコホール経営会社様の新しい資金調達の選択肢

コロナの影響により、資金調達に困っている経営者様は多いのではないでしょうか。そんな経営者様のお悩みを解決する新しい資金調達の方法です。

パチンコホール経営会社の資金調達成功事例

西日本で4店舗のパチンコホールを経営している企業様からのご相談でした。風営法絡みの影響で地元の銀行からの融資は不可能とのことでした。現金商売で未収金もないこの業界がコロナの影響により資金調達に苦労しているようです。そこで次のスキームで、5,100万円の資金調達に成功いたしました。

保有遊技機のセール&割賦バック方式

遊技台を設置したまま日々の売上げを上げつつ弊社提携企業に書類上の売却をして戴き、手形10枚で買い戻すことで資金調達ができます。

保有遊技機のセールバックによる資金調達プラン5つのメリット

  • 資金使途は自由!
  • 手形残債中でも当該遊技機の売却可
  • 3,000万円~2億円まで。(ホール経営企業様ごとに取引限度額設定)
  • 限度額内なら何度でも利用できる。
  • 10回の分割手形で買い戻しOK!

喫煙ブースのセール&リースバック

セール&リースバックとは、所有されている固定資産(車両・重機・機械設備・厨房機器・空調設備等)を一旦リース会社に売却して引き続きリース契約にて使用する方法です。

今回は、5台の喫煙ブースのリースバックで 1,100万円の資金調達に成功いたしました。

ノンバンク(貸金業登録業者)からの資金調達

債権(家賃収入、コンサルタント料等)を担保に資金調達する方法です。

パチンコホール店舗の家賃収入を担保に、1,000万円の資金調達ができました。

このようにいろいろな方法により資金調達が出来ることがありますので、お気軽にお問い合わせください。

ご相談料は無料です。着手金も不要です。