銀行融資を受ける為の秘訣① 横浜資金調達サポートセンター

2019年3月21日

会社の状況によってどの金融機関から融資を受けるかが変わってきます。個人事業主や会社の設立時の創業融資でしたら、地元の金融機関に相談したほうがいいと思います。地元密着型の金融機関が親切に相談に応じてくれます。

時間に余裕がる方は、政府系の金融機関(日本政策金融公庫、商工中金)に相談したほうがいいと思います。金利が低いです。

他にもいろいろな金融機関がございますが、それぞれメリット、デメリットがありますのでご自身にあった金融機関を選定してください。以下に簡単にメリットとデメリットをまとめましたので参考にしていただければ幸いです。

1.都市銀行  メリット 金利が低い。融資額が大きい。   デメリット 創業融資はほぼ無理。

2.信金・信組  メリット 地域密着型の為、親身。 デメリット 保証協会の保証決定に時間がかかる。保証料の支払いがある。

3.日本政策金融公庫  メリット  創業融資制度があるため条件がいい。 デメリット 自己資金が必要になる。

以上のようにそれぞれ、メリット、デメリットがありますのでご自身の状況にあった金融機関を選択することが必要です。融資を受けることでお悩みがございましたら当社にお気軽にお問い合わせください。

 

 

横浜資金調達サポートセンターへの問い合わせはこちらへ

ニュース

Posted by 黒澤