小売業や飲食業向けクレジット債権等でのファクタリング

2021年3月21日

小売業や飲食業界向けに、銀行信金信組や政府系金融機関からの調達だけでは調達額が足りなかったり、これらの金融機関からの調達ができなくなった法人様や個人事業主様に対して、ご提供可能な現実的なファイナンスをご案内させていただきます。

普通債権のファクタリング

  • ショッピングモールなど大規模商業施設内に店舗があり、売上を一旦モール側に入れてまとめて入金されるような場合は、普通の売掛債権のファクタリングがご利用可能です。
  • 法人のみご利用になれます。

クレジットカード債権・クレジット債権のファクタリング

  • 小売業や飲食業のクレジットカード債権、クレジットで販売したクレジット債権のファクタリング
  • コロナの悪影響が大きい、飲食業やアパレルなど小売業の資金繰りサービスとして再スタートいたしました。
  • 調達額  100万円~2億円
  • コスト ファクタリング手数料 8〜10%  事務手数料 2.20%(新規のご利用時のみ)

契約段階の納品や役務提供前の未確定債権のファクタリング

  • 売掛先の信用度が高く、同種の商品やサービスの納品あるいは役務提供の実績があればご利用いただけるサービスです。
  • 契約は締結されていて原則6ヶ月先までに入金予定の、納品や役務提供の完了していない、未確定債権のファクタリングです。
  • 調達額  100万円~2億円
  • 1ヶ月の買取り手数料  3〜10%
  • 事務手数料 2.20%(新規のご利用時のみ)

ご相談、ご質問はお気軽にお問い合わせください。

※審査申込書をメールにて送付させていただきますので、資料がなくても初期審査が出来ますので、スムーズにお手続きが進められます。