エクイティによる資金調達の方法とデットとの違い

エクイティとは、「株式」「株主資本」のことです。一般的に、株式等によって調達される、返済義務のない資金を指して用いられる言葉です。エクイティやエクイティファイナンスは、会社経営に携わっていない限り耳なじみのない言葉かもしれませんが、資金調達の手段として一般的に活用されています。

エクイティファイナンスの種類

  • 公募増資…公募増資では、新株発行にあたって広く一般の投資家を対象にして株主を募集します。新株の価格は、時価を基準にして多少割安な価格に設定されることが多いです。
  • 株主割当増資…株主割当増資は、すでに株主になっている人たちに対して新たな株式を取得できる権利を与えることによって資金を調達する(増資)方法のことです。
  • 第三者割当増資…第三者割当増資は、自分の会社の親会社にあたる企業や取引先など、特定の第三者に対して新たに発行する株式を取得する権利を与えることによって増資する方法です。もちろん第三者側は、新株を引き受けることもできれば辞退することもできます。

エクイティとデット

エクイティについて考えるとき、必ず出てくるのがデットという用語です。デットとエクイティはどんな関係があるのでしょうか?

エクイティは、株式発行など資本の形で資金を調達するのに対して、デットは借り入れや社債など、負債(デット)という形で資金を調達する方法です。つまり、資金調達の方法としてはまったく違う事になります。

エクイティとデットの違い

エクイティ デット
返済義務の有無 無し 有り
投資家への影響 ハイリスク・ハイリターン ローリスク・ローリターン
B/S(貸借対照表)への影響 資本が増える 負債が増える

資金調達の方法としてどちらが優れているかは状況によりますし、それぞれメリットとデメリットがあります。優劣というより違いとして知っておくと、後々の資金調達の判断の際に役に立つと思われます。次回はメリット・デメリットについてご説明させていただきます。