リース会社の車輛のセール&リースバックでの資金調達

所有している車輛を利用した資金調達のご案内になります。

トラックでの資金調達

トラックについては、大手ノンバンクでも取扱可能で、特に大型トラックの場合は価値が高く、利用しやすくなっています。また、メンテナンスサービスと言って、車両の調達・定期点検・車検・各種税金の支払い・事故対応など、車両に関わる管理業務の大半をパッケージ化したサービスも行われています。
もちろんこのような付帯サービスのないファイナンスサービスも可能です。

乗用車での資金調達

乗用車についても融資ではなくリース会社でのリースバックが現実的で、所有者は法人でも個人でもよくCICに問題がなければ可能性は高いです。いずれにしても、まだローンが残っている、あるいはリースアップしていない車の取り扱いは難しく、残債を精算して、所有権をリース会社に移転できないとご利用は難しいです。ただ、残債が少ない場合は、その分も含めて実行可能な場合もありますのでご相談ください。

また、乗用車についても、メンテナンスサービスもファイナンスサービスもあります。なお、リース会社のリースバックの中では、機械設備と比較すると最も利用しやすいのが自動車です。それは流動性が高いからです。

リース期間は5年。
利用コストはリース会社のリース料で、案件ごとのお見積りになります。

横浜資金調達コンサルタントオフィスへの問い合わせはこちらへ
ファーストフィナンシャルオフィスでは、下記の社会貢献活動に参加しています。

CO2資源化プロジェクト

脱炭素社会へのプロセスは今世紀最大のビジネスチャンスです。
当プロジェクトはCO2を有益な資源へ変換するものです。
いろいろな業種業態の方々へビジネスチャンスをもたらします(無料参加制度)。

CO2を削減する具体的な先端技術の手法を情報提供します。
CO2削減への対策をしなければ業績に影響が出る中小企業数は約3分の1に及ぶと想定されます。
有価証券報告書を作成している企業は温暖化ガスの対応を開示することが義務化されます。
金融機関からCO2削減策を具体的に求められる時代になりました。

CO2資源化プロジェクト | ベスト経費削減.com (アイリスク研究所株式会社様に参加)

寄付金事業

アイリスク研究所株式会社の資金で慈善団体等へ寄付を行います。

寄付金ハートフルキャンペーン | ベスト経費削減.com
(アイリスク研究所株式会社様に参加)