自動車ファイナンス(買戻し特約付き売買契約)での資金調達

リース会社のリースバックを利用する場合、ご利用者あるいはご利用会社の代表者のCICに問題があったり、ご利用会社の決算内容や資金繰りが悪い場合は、審査でNGになることもあります。パンデミックが世界的に広がり、また、政府の経済政策が上手く言っていないときは、金融情報や会社の業績が悪くなる場合が多く、このような状況のお客様向けのサービスを提携会社が、自動車の価値のみを見て、買取額で合意できれば、買戻し特約付売買契約で一旦売却していただき、3ヶ月から半年後に買い戻していただくサービスです。

ご利用期間は短期

自動車は不動産と違い、時間が経過すると価値は下がりますので、買い戻していただくまでのご利用期間が短期になっています。

ご利用期間中

ご利用期間中は自動車はお預かりしますので、乗ることはできません。
また、屋根付の安全な駐車場で保管されますので、別途、月5万円程度の保管料をご負担いただきます。

買戻し額

個別による相談

 

以上のように、ご利用期間は3~6ヶ月、ご利用中は自動車に乗ることはできませんが、どうしても資金調達が必要でしたり、売却しても良いけどできれば売りたくないときの資金調達として、ご利用をご検討いただければと思います。

横浜資金調達コンサルタントオフィスへの問い合わせはこちらへ
ファーストフィナンシャルオフィスでは、下記の社会貢献活動に参加しています。

CO2資源化プロジェクト

脱炭素社会へのプロセスは今世紀最大のビジネスチャンスです。
当プロジェクトはCO2を有益な資源へ変換するものです。
いろいろな業種業態の方々へビジネスチャンスをもたらします(無料参加制度)。

CO2を削減する具体的な先端技術の手法を情報提供します。
CO2削減への対策をしなければ業績に影響が出る中小企業数は約3分の1に及ぶと想定されます。
有価証券報告書を作成している企業は温暖化ガスの対応を開示することが義務化されます。
金融機関からCO2削減策を具体的に求められる時代になりました。

CO2資源化プロジェクト | ベスト経費削減.com (アイリスク研究所株式会社様に参加)

寄付金事業

アイリスク研究所株式会社の資金で慈善団体等へ寄付を行います。

寄付金ハートフルキャンペーン | ベスト経費削減.com
(アイリスク研究所株式会社様に参加)