資金調達方法である「エンジェル投資家」と「ベンチャーキャピタル」の違い

資金調達の方法のひとつである投資(出資)ですが、投資家からの出資とVC(ベンチャーキャピタル)からの出資があります。今回はエンジェル投資家とベンチャーキャピタルの違いについて簡単に解説いたします。

エンジェル投資家とは

「エンジェル投資家」とは、起業家のスタートアップを助ける個人投資家を指します。創業後まもない起業家は、資金調達の面で苦労を強いられます。創業時は説明できる実績が 無いため、銀行や金融機関、ベンチャーキャピタルの融資を受けにくいからです…。こうした資金調達の問題を解決してくれるのが「エンジェル投資家」の役目です。金融機関やベンチャーキャピタルに比べて扱う金額は少ないですが、エンジェル投資家は、起業家に必要な資金だけでなく、人脈を生かしたビジネス面でのバックアップ、精神的サポートなど「次世代起業家を応援する」新しい投資の形を実践しています。

エンジェル投資家とベンチャーキャピタルの違い

エンジェル投資家の特徴

  • 短期間で「魅力のある」起業・人物に対して投資を行う
  • 扱う金額は500万円〜2,000万円程度と少額だが、資金調達がしやすい
  • 役員の要求や経営に首を突っ込む投資家は比較的少ない

ベンチャーキャピタルの特徴

  • 長期間のプロセスを掛けて、投資先を選定する(審査が厳しい)
  • 扱う金額が大きい、最低でも2億〜3億円以上の投資額(資本金)になる
  • 投資先の会社で、役員の席を要求することが多い

 

ベンチャーキャピタルは出資金額が大きいのが特徴です。ただ、資本金を億単位で必要としない業種では「ベンチャーキャピタルの規模は、あまりにも大きすぎる」と敬遠します。また、ベンチャーキャピタルの出資は、審査から実施までに長い時間が必要です。

短期間で必要な資金供給を受けるには、エンジェル投資家のサポートが大きな役割を担います。しかし、エンジェル1名だけの資金では足りないこともあるでしょう。この場合は、複数のエンジェル投資家を募って共同出資を持ちかける方法があります。

また、経営が順調になった時点で、ベンチャーキャピタルや金融機関の出資を受ける企業も多く見られます。