銀行融資を受ける為の秘訣(税金や社会保険料の未納について)

前回は、それぞれの金融機関のメリット、デメリットについて書きました。今回は税金や社会保険料の未払いについて書かせていただきます。銀行の融資では、税金や社会保険料の支払い状況についても確認されることがあります。ほとんどの銀行融資では以下の2つの書類を提出する必要があるので、滞納があると銀行から融資を受けることは難しいでしょう。

  1. 納税証明書 その1 
  2. 納税証明書 その3の3

では、税金や社会保険料を滞納していると、具体的にどのようなことがおこるのでしょうか?

ひとつは、会社の信用力を大きく下げてしまう点です。税金や社会保険料は支払って当然とも言えるので、滞納しているだけで「経営が上手くいっていない」といった印象を与えてしまうでしょう。また、中には税務署から一気に数年分の申告をされるケースも見られます。このような状況で資金繰りに苦しんでいると、必要経費を払えないことが原因で倒産してしまう可能性があります。

滞納には上記のようなリスク・デメリットがあるので、滞納している場合はすぐに支払うべきです。支払っていたつもりでも滞納になっている可能性もゼロではないので、まずは支払い状況をチェックすることから始めましょう。

また税金・社会保険料を滞納していても、融資を受ける方法はいくつかあります。信用保証協会の保証付き融資に関しては、原則1年以内に完納できることが分かれば保証を受けられる可能性があります。なお、社会保険事務所や税務署に申請をすると、税金や社会保険料の分割納付に対応してもらえます。資金繰りが多少苦しくても1年以内で完納できるかもしれません。

LINEからお問い合わせ
横浜資金調達コンサルタントオフィスへの問い合わせはこちらへ
ファーストフィナンシャルオフィスでは、下記の社会貢献活動に参加しています。

CO2資源化プロジェクト

脱炭素社会へのプロセスは今世紀最大のビジネスチャンスです。
当プロジェクトはCO2を有益な資源へ変換するものです。
いろいろな業種業態の方々へビジネスチャンスをもたらします(無料参加制度)。

CO2を削減する具体的な先端技術の手法を情報提供します。
CO2削減への対策をしなければ業績に影響が出る中小企業数は約3分の1に及ぶと想定されます。
有価証券報告書を作成している企業は温暖化ガスの対応を開示することが義務化されます。
金融機関からCO2削減策を具体的に求められる時代になりました。

CO2資源化プロジェクト | ベスト経費削減.com (アイリスク研究所株式会社様に参加)

寄付金事業

アイリスク研究所株式会社の資金で慈善団体等へ寄付を行います。

寄付金ハートフルキャンペーン | ベスト経費削減.com
(アイリスク研究所株式会社様に参加)