銀行融資を受ける為の秘訣② 横浜資金調達サポートセンター

2019年3月21日

前回は、それぞれの金融機関のメリット、デメリットについて書きました。今回は税金や社会保険料の未払いについて書かせていただきます。

銀行の融資では、税金や社会保険料の支払い状況についても確認されることがあります。ほとんどの銀行融資では以下の2つの書類を提出する必要があるので、滞納があると銀行から融資を受けることは難しいでしょう。

①納税証明書 その1 

②納税証明書 その3の3

では、税金や社会保険料を滞納していると、具体的にどのようなことがおこるのでしょうか?

ひとつは、会社の信用力を大きく下げてしまう点です。税金や社会保険料は支払って当然とも言えるので、滞納しているだけで「経営が上手くいっていない」といった印象を与えてしまうでしょう。また、中には税務署から一気に数年分の申告をされるケースも見られます。このような状況で資金繰りに苦しんでいると、必要経費を払えないことが原因で倒産してしまう可能性があります。

滞納には上記のようなリスク・デメリットがあるので、滞納している場合はすぐに支払うべきです。支払っていたつもりでも滞納になっている可能性もゼロではないので、まずは支払い状況をチェックすることから始めましょう。

また税金・社会保険料を滞納していても、融資を受ける方法はいくつかあります。信用保証協会の保証付き融資に関しては、原則1年以内に完納できることが分かれば保証を受けられる可能性があります。なお、社会保険事務所や税務署に申請をすると、税金や社会保険料の分割納付に対応してもらえます。資金繰りが多少苦しくても1年以内で完納できるかもしれません。

横浜資金調達サポートセンターへの問い合わせはこちらへ

ニュース

Posted by 黒澤