コロナ禍の飲食店開業での創業融資で満額の資金調達!

コロナ禍での会社設立による創業融資で、満額の資金調達が出来た案件のご紹介です。都内で飲食店(スペイン料理店)を開業する創業融資で日本政策金融公庫、R銀行(信用保証協会付けの創業融資)で満額の融資が受けられました。

金融機関の選定が最重要

都内で会社を設立して飲食店(スペイン料理店)を開業する方からのご依頼でした。自己資金(資本金)500万円で、創業融資で2,500万円の資金調達が必要な創業計画でした。当初、依頼者は地元の信用金庫で2,500万円の創業融資を考えていたそうですが、当方が「無理です」と答えて、日本政策金融公庫、と銀行(1,000万円以上は銀行でなければ難しい)で資金調達する計画をご提案させていただきました。日本政策金融公庫で1,000万円、信用保証協会付けの創業融資で1,500万円の資金調達計画です。信用保証協会付けの創業融資でどこの銀行を利用するかですが、これまで多数の案件で融資をしてくださったR銀行に決めました。今思えば、R銀行でなかったら、1,500万円の創業融資は受けられなかったかもしれません。

創業の熱意を伝える

創業融資の申し込みをするうえで、創業計画書を提出しなければなりません。日本政策金融公庫や東京都(信用保証協会)の書式を使いますが、それ以外にたくさんの資料を作成して提出し創業の熱意を伝えました。このたくさんの資料の提出が日本政策金融公庫やR銀行、信用保証協会の担当者に熱意が伝わり、日本政策金融公庫で1,000万円、R銀行(信用保証協会付けの創業融資)で1,500万円の希望の満額での創業融資が受けられました。

創業をお考えの方で創業融資を受けたい方はお気軽にお問い合わせください。創業でのスタートを成功させましょう!