資金調達の重要な判断資料「CIC 異動」を削除するには?

CIC情報の「異動」を削除するには、一定の条件が整えば可能です。この異動が記載されている場合、住宅ローンや各種ローン・クレジット会社・消費者金融そして住宅賃貸保証会社に至る迄、CICに加入している業者ならほぼ契約を断られる可能性があります。これを消さないことには先には進めません。。したがって一日も早くCIC異動情報を回復することです。

時効援用

この情報は開示報告書の26.返済状況欄に記載されています。何十年も経過したら勝手に消えるなどとデマ情報が流れていますがそんなことはありません。消滅時効の援用(債権者に時効援用通知書を送る)をして、登録された事故情報の抹消手続きを行ってもらうことが必要になります。

時効援用の条件

  • 5年以上返済が遅延していて裁判所に訴えられていない。
  • 裁判所に訴えられていても10年以上経過している。
  • 2003年以前から5年以上年利18%を超える利息の返済をした。
  • 破産免責から5年以上経過するが事故情報が載っている。

お気軽にお問い合わせください。弁護士・司法書士・行政書士をご紹介いたします。

LINEからお問い合わせ
横浜資金調達コンサルタントオフィスへの問い合わせはこちらへ
ファーストフィナンシャルオフィスでは、下記の社会貢献活動に参加しています。

CO2資源化プロジェクト

脱炭素社会へのプロセスは今世紀最大のビジネスチャンスです。
当プロジェクトはCO2を有益な資源へ変換するものです。
いろいろな業種業態の方々へビジネスチャンスをもたらします(無料参加制度)。

CO2を削減する具体的な先端技術の手法を情報提供します。
CO2削減への対策をしなければ業績に影響が出る中小企業数は約3分の1に及ぶと想定されます。
有価証券報告書を作成している企業は温暖化ガスの対応を開示することが義務化されます。
金融機関からCO2削減策を具体的に求められる時代になりました。

CO2資源化プロジェクト | ベスト経費削減.com (アイリスク研究所株式会社様に参加)

寄付金事業

アイリスク研究所株式会社の資金で慈善団体等へ寄付を行います。

寄付金ハートフルキャンペーン | ベスト経費削減.com
(アイリスク研究所株式会社様に参加)