不動産での資金調達(セール&リースバック)

よく資金調達のご依頼で社長様個人所有の不動産についてお伺いすると、「すでに担保にとられています。」とおしゃっられる方がいますが、セール&リースバックでしたら資金調達が出来る場合もございます。

不動産の流動化(セール&リースバック)

一旦所有不動産を不動産会社やファイナンス会社に売却して対価を得て、賃貸借契約で継続利用する不動産の流動化。

  • リースバック期間 2年(案件によっては再契約の期間延長も可)
  • 金額 ~5億円
  • コスト リースバック額の6~8%
  • 実行まで2週間から1ヶ月 
  • ソシアルビルやレジャーホテルも検討可能

不動産融資よりもリースバックをお勧めする理由

①不動産融資を受ける時の融資条件をクリアできない方が増えた

  • 消費税や社会保険の滞納
  • 過去の金融履歴の問題
  • 返済原資が見込めない
  • 年齢など

②融資額がお客様が必要とされるところまで伸びないことが多い

  • 現在、不動産市況や不正融資などの影響で、融資掛け目や評価自体が、保守的な判断となって伸びないことが多い

リースバックのご利用が多いケースは?

  • 会社が不調で自宅の住宅ローンが払えなくなった。
  • 返済が進んで担保余力自体あるけれど、抵当権を付けている銀行では追加融資の対応をしてくれない。
  • 銀行や不動産融資で運転資金を借りたものの、返済できず競売申し立ての恐れがある。

要はご自宅を守ったり、真水の資金調達の手段として、融資よりも、与信審査や属性問題が厳しくないこと。
そして、資金調達が伸びることで、現在はリースバックの方が利用しやすくなっているのです。

LINEからお問い合わせ
横浜資金調達コンサルタントオフィスへの問い合わせはこちらへ
ファーストフィナンシャルオフィスでは、下記の社会貢献活動に参加しています。

CO2資源化プロジェクト

脱炭素社会へのプロセスは今世紀最大のビジネスチャンスです。
当プロジェクトはCO2を有益な資源へ変換するものです。
いろいろな業種業態の方々へビジネスチャンスをもたらします(無料参加制度)。

CO2を削減する具体的な先端技術の手法を情報提供します。
CO2削減への対策をしなければ業績に影響が出る中小企業数は約3分の1に及ぶと想定されます。
有価証券報告書を作成している企業は温暖化ガスの対応を開示することが義務化されます。
金融機関からCO2削減策を具体的に求められる時代になりました。

CO2資源化プロジェクト | ベスト経費削減.com (アイリスク研究所株式会社様に参加)

寄付金事業

アイリスク研究所株式会社の資金で慈善団体等へ寄付を行います。

寄付金ハートフルキャンペーン | ベスト経費削減.com
(アイリスク研究所株式会社様に参加)