銀行融資を受けるための鉄則 横浜資金調達サポートセンター

2019年3月21日

銀行から融資してもらうためには、鉄則がいくつかあります。それらの鉄則を以下に簡単に列挙させていただきます。

①融資を受けやすい決算書をつくる。銀行は、会社を格付けしています。格付けが上の会社ほど、融資は有利です。銀行格付けは、決算書でほぼきまります。

②資金使途と返済原資を明らかにする。健全な資金使途を明確にする必要があります。たとえば、売上増加に対応するための仕入資金であるとか、業務拡大のための設備投資資金であるといった前向きな使途が説明されなければなりません。また、借入金を返せることも説明しなければなりません。最も有効なのは、資金繰り表をつくって返済財源がしっかりとあることを示すことです。

③毎月、試算表を提出する 。会社の業績や資金繰りに関する理解が高まるほど、融資審査は有利となります。財務情報は隠してはだめです。提供する情報量に応じて、銀行融資は有利になります。

④税金・社会保険料の未納がない。ご存じのことでしょうが、税金、社会保険料、公共料金を滞納していれば、銀行は融資をしてくれません。ノンバンク等を一時的に使ってでも納付するべきです。

他にもいろいろとありますが、簡単に列挙いたしましたので、融資を受ける際の参考にしてみてください。

 

横浜資金調達サポートセンターへの問い合わせはこちらへ

ニュース

Posted by 黒澤