投資家・ファンドからの資金調達で7億円の不動産担保融資の借換えに成功!

2022年9月10日

不動産担保融資の借換えのご相談で投資家からの資金調達で成功した事例になります。

調達事例概要

都内の商業施設の入った店舗ビルの持分での所有者の方からのご相談でした。1番抵当権 信金 残高16,000万円、2番抵当権 ノンバンク 残高53,000万円の合計で69,000万円の抵当権のついた不動産担保融資の借換えになります。

1番抵当、2番抵当含めての借換えをノンバンクや不動産ファイナンス会社に打診してみましたが、どこも5億円迄の借換えならできますとのことでした。必要額に届きません。

そこで、投資家に相談するしか方法はないと判断して、ある方のつてを使い投資家に打診をお願いいたしました。半分は諦めていた状態でしたが、何度かの交渉をかさねるうちに7億円の資金支援をしていただけることになりました。

金融機関からの資金調達が出来ない時は、投資家やファンドからの資金調達を選択肢にいれておいてください。

 

★事業資金や不動産担保融資、借換え、ブリッチ融資等でお困りの時はお気軽にお問い合わせください。

★出資での資金調達も可能です。

 

横浜資金調達コンサルタントオフィスへの問い合わせはこちらへ
ファーストフィナンシャルオフィスでは、下記の社会貢献活動に参加しています。

CO2資源化プロジェクト

脱炭素社会へのプロセスは今世紀最大のビジネスチャンスです。
当プロジェクトはCO2を有益な資源へ変換するものです。
いろいろな業種業態の方々へビジネスチャンスをもたらします(無料参加制度)。

CO2を削減する具体的な先端技術の手法を情報提供します。
CO2削減への対策をしなければ業績に影響が出る中小企業数は約3分の1に及ぶと想定されます。
有価証券報告書を作成している企業は温暖化ガスの対応を開示することが義務化されます。
金融機関からCO2削減策を具体的に求められる時代になりました。

CO2資源化プロジェクト | ベスト経費削減.com (アイリスク研究所株式会社様に参加)

寄付金事業

アイリスク研究所株式会社の資金で慈善団体等へ寄付を行います。

寄付金ハートフルキャンペーン | ベスト経費削減.com
(アイリスク研究所株式会社様に参加)