銀行融資以外の資金調達方法「直接金融」

コロナ融資も今月末で終了します。銀行からの融資が受けずらいこのような時は、直接金融での資金調達をお勧めします。

直接金融とは

直接金融とは、銀行やノンバンクからではなく、資金を出す会社個人から直接資金調達するファイナンスです。
形態としては出資、融資、社債などがあり、いずれにしても金融機関ではない、提携シナジーが高い事業会社、国内外の投資会社や投資家などから直接調達することが直接金融です。
ただ、直接金融はすべての会社が利用できる資金調達ではなく、該当する会社は次のような会社です。

ご利用条件

  • 将来性がある事業を行う会社
  • 同業他社と差別化が明確な事業を行う会社
  • 希少性が高い事業を行う会社
  • 収益性の高い事業を行う会社
  • 大手の有力取引先が多い会社

このような各ポイントがある場合は、直接金融による資金調達の可能性があります。

ただし、ご注意をしていただきたいポイントがあります。

注意ポイント

  • 調達までの時間はかかる場合が多いので、ファクタリングやノンバンクの事業ローンのようなスケジュール感での調達は難しい。
  • 出資の場合は、経営権のリスクが生じることがある。

資金調達を急いで調達先を間違えるとリスクが高い資金調達であることはご承知おきください。
でも、金融与信や不動産のような担保がなくても、会社の成長に必要な資金や、ファクタリングから脱却するには十分な資金調達ができるのも直接金融のメリットです。

LINEからお問い合わせ
横浜資金調達コンサルタントオフィスへの問い合わせはこちらへ
ファーストフィナンシャルオフィスでは、下記の社会貢献活動に参加しています。

CO2資源化プロジェクト

脱炭素社会へのプロセスは今世紀最大のビジネスチャンスです。
当プロジェクトはCO2を有益な資源へ変換するものです。
いろいろな業種業態の方々へビジネスチャンスをもたらします(無料参加制度)。

CO2を削減する具体的な先端技術の手法を情報提供します。
CO2削減への対策をしなければ業績に影響が出る中小企業数は約3分の1に及ぶと想定されます。
有価証券報告書を作成している企業は温暖化ガスの対応を開示することが義務化されます。
金融機関からCO2削減策を具体的に求められる時代になりました。

CO2資源化プロジェクト | ベスト経費削減.com (アイリスク研究所株式会社様に参加)

寄付金事業

アイリスク研究所株式会社の資金で慈善団体等へ寄付を行います。

寄付金ハートフルキャンペーン | ベスト経費削減.com
(アイリスク研究所株式会社様に参加)