ノンバンクからの借入① 横浜資金調達サポートセンター

2019年3月21日

ノンバンクは、中小企業や個人事業主にとって欠かせない資金調達先のひとつです。資金調達は、銀行だけではありません。ノンバンクからも融資を受けることが可能です。ノンバンクは、預金業務を行わない金融機関を指します。クレジットカードの発行やローンを扱う信販会社、銀行系の消費者金融もノンバンクに分類されます。

ノンバンクで借りられる融資は、大きく分けて二種類あります。① 個人向けローン ② 事業資金(ビジネスローン)
個人向けローンの中で最も利用者が多いのは「フリーキャッシング」と呼ばれるローンです。フリーキャッシングは使途が自由で、一部のローンでは「事業費での利用」を認めています。大半のローンは事業費としての利用を禁じていますが、(事業者に限り)生計費と事業費の併用が可能です。

事業融資は、別名「ビジネスローン」と言います。ビジネスローンは「事業性のある目的」に対して融資を行います。主な目的は、運転資金やつなぎ資金、事業の拡大、設備投資などに使われます。事業資金は、融資額が大きいのが特徴です。また、100万円〜1億を超える「ビジネスローン」も珍しくありません。『ビジネスローン』は中小企業の利用が中心ですが、一部のローンは、個人事業主の方でも利用可能です。また、小規模事業の経営者が「仕入れ資金」としてビジネスローンを使うことも多いです。ただし、借入の金額が大きくなれば、担保や保証人の取り扱いも変わってきます。原則、第三者による保証人は不要ですが、ビジネスローンの多くは「代表者を連帯保証人」に立てる必要があります。

横浜資金調達サポートセンターへの問い合わせはこちらへ

ニュース

Posted by 黒澤