資金繰りの改善策!中小零細企業をサポートいたします。

2020年4月30日

会社の経営において、「資金繰り」は常に意識するべき重要なポイントです。資金繰り改善は、利益の増加につながります。資金不足に陥っていない会社も積極的に資金繰りを見直すべきでしょう。

資金繰り表とキャッシュフロー

実際、「売り上げが良いから関係ない」と考えていては、いざ資金不足に陥った時に対処をすることができません。資金繰りを改善する上で、避けては通れないのが「資金繰り表」です。

事業の収益・支出など、会社の全体的なお金の流れを「キャッシュフロー」と言いますが、このキャッシュフローの改善に資金繰り表は欠かせません。資金繰り表とは、簡単に言うとお金の出入りをあらわす 表の事をいいます。 これは、収益と費用を元に 企業の損益をあらわす損益計算書とは異なります。

資金繰り表は、売上による入金や仕入れなどの支払いによる 出金の事実に基づいて、企業の資金繰りをあらわすことで 損益計算書では分からない実際のお金の出入りを把握できます。会社にはさまざまな収益・支出が発生します。取引先や仕入れ先が多いほど財務状況の把握は困難になりますし、小規模な会社でも経営者の頭だけで全てのキャッシュフローを把握することは簡単ではありません。そのため、一般的な会社では一定の科目や区分に分けて、現金収入と現金支出を表にまとめる形で資金繰りを行っています。この表を資金繰り表と言い、資金繰り表を作成することで明確な財務状況がひと目で分かるようになります。

横浜資金調達コンサルタントオフィスへの問い合わせはこちらへ
ファーストフィナンシャルオフィスでは、下記の社会貢献活動に参加しています。

CO2資源化プロジェクト

脱炭素社会へのプロセスは今世紀最大のビジネスチャンスです。
当プロジェクトはCO2を有益な資源へ変換するものです。
いろいろな業種業態の方々へビジネスチャンスをもたらします(無料参加制度)。

CO2を削減する具体的な先端技術の手法を情報提供します。
CO2削減への対策をしなければ業績に影響が出る中小企業数は約3分の1に及ぶと想定されます。
有価証券報告書を作成している企業は温暖化ガスの対応を開示することが義務化されます。
金融機関からCO2削減策を具体的に求められる時代になりました。

CO2資源化プロジェクト | ベスト経費削減.com (アイリスク研究所株式会社様に参加)

寄付金事業

アイリスク研究所株式会社の資金で慈善団体等へ寄付を行います。

寄付金ハートフルキャンペーン | ベスト経費削減.com
(アイリスク研究所株式会社様に参加)