銀行交渉のポイント 横浜資金調達サポートセンター

2019年3月21日

銀行交渉が苦手な社長さんは多いです。次のポイントを守るだけで審査が通りやすくなり、融資可決率も飛躍的に向上します。融資が受けられなくて困っているという方は、下記の交渉術をもとに融資を申請してください。
① 借入枠はいくらなのか                         ② 使途と借入の目的を明確にする                     ③ 事業内容、今後の計画を詳細に説明する                    ④ 返済能力があることを説明する                       ⑤ 数値管理の徹底と経営力のあるところをアピールする

上記以外にも、銀行員との付き合いを大切にし、まめに情報交換をすることが重要です。例えば、世間話だけでなく、会社の財務資料や経営状況だけでなく、会社の将来性や成長性をアピールできるような資料を用意し、担当者に「ぜひ、稟議書を作成したい!」と思わせるような、地道な取り組みが必要になります。

横浜資金調達サポートセンターへの問い合わせはこちらへ

ニュース

Posted by 黒澤