会計ソフトを使うメリット 横浜資金調達サポートセンター

2019年3月21日

会計ソフトや会計システムを正しく活用すれば、金融機関の融資が受けやすくなります。なぜなら「会計ソフト」で管理をすると、資金の流れの見える化が行え、融資担当者に「健全な経営」状況が証明できるからです。私たちが良く知る会計ソフトには、勘定奉行や弥生会計、会計ソフトfreee、フリーウェイ経理などが有名ですが、もちろんExcelに慣れている方なら、Excelで資金を管理しても構いません。こうした手間を一気に省いて「時短」に導いてくれるのが、会計ソフトの役目です。例えばある会計ソフトの場合(導入をすることで)経理効率が50倍速くなると言われています。これは大げさな話ではありません。会計ソフト・クラウド型会計サービスは、スマートフォンアプリと連動し、経費のレシートを(スマホの)カメラ機能を使うだけで自動的にデータを記録し、経費計上をサポートします。今回は「会計ソフト」を使い、必要な融資を受ける5つのアイデアを紹介します。銀行や金融機関からの融資、日本政策金融公庫、自治体の補助金等で「事業資金を調達したい方」は、ぜひ本記事を参考に、会計資料を作成してみてください。会計システムを活用することでは、審査可決率の向上につながります。①会計業務の効率化 ②資金の流れが明確になる ③税理士にも匹敵する、高い会計サポート ④安い費用で導入できる ⑤ 会計業務だけでなく、確定申告、マーケティングにも利用できる

会計ソフトやクラウド会計サービスを上手に活用すれば、資金の流れが明確になり、銀行の融資担当者に見せても恥ずかしくない「決算書」などが作成できます。また正確なデータを把握していれば、自己資本比率を上げるための戦略やスケジュールも立てやすくなります。銀行の融資担当者が思わず営業に来るような、堅実な経営を目指しましょう。

横浜資金調達サポートセンターへの問い合わせはこちらへ

ニュース

Posted by 黒澤