不動産担保ローン 横浜資金調達サポートセンター

2019年3月21日

不動産担保ローンは、別名を「不動産担保融資」と言い不動産を担保に融資を受ける便利な仕組みです。不動産という担保があれば、一般的なカードローン、フリーキャッシング、ビジネスローンとは違い、より大きな融資が受けられます。不動産担保ローンの一番のメリットは、高額融資が受けやすくなることです。通常、事業者ローン会社はお金をたくさん持っている人、言い換えれば債務の履行能力が高い人にお金を貸したがります。しかし、無担保ローンでお金を借りようとしている人は債務の履行能力が低い人であるため、少額の融資しか受けられません。一方、不動産を担保に入れられる人は債務の履行能力が高い人であるため、高額の融資が受けやすくなります。また、長期借り入れがしやすいというのもメリットの一つです。融資金額が高額な分融資期間が長くなり、それに伴って毎月の返済額が下がります。毎月の返済額が下がれば企業のキャッシュ・フローにも余裕が出来、安定した経営を実現することが出来ます。さらに、一般的に不動産担保ローンは無担保ローンよりも金利が安く設定されています。しかし不動産担保ローンにも、お金を借り入れる以上一定のリスクが付いて回ります。一番怖いのはやはり債務の履行遅滞でしょう。債務の履行が滞った場合、債務者はその不動産を売却して返済をしなければなりません。それをいつまでも拒んでいると、強制競売となってしまいます。また、担保にした不動産の価値が下がるリスクについても考えなければなりません。土地や建物の値段は一定ではなく、時勢によって上下します。担保の価値が著しく下がったときは追加担保が必要となることもあります。このほか、不動産担保ローンは手数料がかかることがあります。手数料は大体融資額の1~3%とそれほど高いものではありませんが、融資額が高額になるとその分手数料も増えます。登記費用や司法書士への手数料なども必要になるので注意が必要です。

横浜資金調達サポートセンターへの問い合わせはこちらへ

ニュース

Posted by 黒澤